乳児院看護師求人ランキング

TOP >> 条件別の乳児院看護師求人 >> 第二新卒可の乳児院看護師求人

第二新卒可の乳児院看護師求人

第二新卒は、学校を卒業して3年までというのが一般的な認識ですが、これは看護師でも同様です。新卒と違って、若干の経験があるとみなされますし、社会人としての常識をわきまえているはずであると認識されます。看護師であれば、たとえば看護学校や看護大学を出て、一般病院に就職して3年もすれば、実地に看護業務のおおよそは理解しているものとされます。そのため、看護師の転職市場では第二新卒者は歓迎される傾向があり、乳児院の看護職においても同様と考えられます。どの医療現場でも看護師は人手不足の傾向があり、業務をいちから教えなくても、ある程度の研修を行っておけば、即戦力となってくれて、しかもフレッシュさを失っていない第二新卒は転職しやすいと言えます。

ただ、乳児院の場合には特殊な事情も絡むことは覚えておいた方がいいでしょう。乳児院は、他の医療施設とは違って、看護の対象となるのが0歳児から2歳児であることと、この子供たちは乳児院が家庭そのものであって、乳児院からどこかに帰宅するというわけではないということです。そのため、乳児院で働きたいと思っても、適性がかなり重要となります。子供であることはもちろん、その子供を中心とした保育士や嘱託医、心理士などと家族同様に接することができるかどうかが問題となります。子供好きであるというのはもちろん、それぞれに専門領域を持った人たちと円滑にコミュニケーションできなければいけません。

また、求められるスキルについても考えておく必要があるでしょう。対象となるのは、家族からの育児を受けることのできない幼児です。保育園と違って乳児園が子供の生活のすべてです。看護師は看護業務としてのケアを行いながら、心のケアも含めて子供の身体も心も育てるという意識が必要になります。医療の知識やスキルだけではなく、子供にとって重要な、人を信頼していくための心の基盤になる愛着の感情を育てる役割も求められます。第二新卒で乳児院に転職するには、それまでの3年程度の経験の中で、できれば産科や小児科の経験が欲しいところです。子供を対象にした看護業務に就いていたという経験は転職でも有利に働くでしょう。乳児院での業務のほとんどは24時間の交替制勤務です。そのため、学校を卒業して間もない若さは武器になる可能性があります。夜勤でも大丈夫という姿勢を見せていきましょう。多くの乳児院は人柄を重視して採用しています。子供好きであることや、社会に貢献したいという強い気持ちを持っていることをアピールしていきましょう。

乳児院の看護師求人探しならココ!※人気転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア






Copyright (C) 2013-2017 乳児院看護師求人ランキング All Rights Reserved.